今年は、いろんなバージョンでアンチョビを仕込んでいます
先週も、昨日も、15キロずつ仕込みましたよ

e0262976_10172972.jpg


これは、1ヶ月半まえに仕込んだアンチョビ
頭ごと、内蔵ごと、いってますが
すっごいいい感じの仕上がり

これから、お掃除して、再仕込みの作業

いい、アンチョビできそうです
[PR]
SAKANA HOUSEから、うどん県まで車で5分
この週末は、お友達=お客様が遊びにきてくれたので
うどんを食べに行ってきましたよ


e0262976_15173038.jpg


こんな景色をみながら、うどんがいただけるお店です



e0262976_15173948.jpg


画像見てたら、また食べたくなってきた




e0262976_1518321.jpg


さぬきうどんといえども、お店によって味も値段もまったく違います
ここは、ミニ天ぷらが3つで100円っ!!!とってもお得なのです



e0262976_15171219.jpg


うどんや
香川県東かがわ市

うどん県で、うどんのはしごをするのも楽しいです
わたしたちは、3軒目でギブアップでしたけれど^m^
[PR]
# by onji_to_kotori | 2013-05-19 15:18 | 美味しいお店
e0262976_15431713.jpg


鳴門には、美味しいおうどんもあります
といっても、さぬきうどんのように、コシがあるうどんではなく
コシがまったくないうどん
それが、鳴ちゅるうどん



e0262976_15432972.jpg


四国なので徳島にも美味しいさぬきうどんのお店もたくさんあるのですが
一度、食べるとやみつきになるのが、なるちゅるうどん
なるちゅるうどんの本も出てるくらい人気(!?)です

手打ちのめんは、ふぞろいなのが、また良くって
あじ、さば、こんぶをベースにした黄金のお出汁がこだわり
あっさりなので、お出汁も残さず飲めてしまう美味しさ



e0262976_15472266.jpg


そして徳島に来たら、食べて欲しいのが、ちらし寿司、甘い金時豆のせ
最初は金時豆をよけて最後に食べていましたが
今では一緒に食べると美味しいーと思うように。。。
慣れってすごい



ここは魔法のレストランにも出たのだとか。
じゃがいもと、卵がごろごろのコロッケも美味しかったですヨ

船本うどん HP
[PR]
# by onji_to_kotori | 2013-01-12 15:51 | 美味しいお店
e0262976_2244310.jpg


大塚美術館や、瀬戸内海国立公園のひとつ鳴門公園にいく道は
2つあるのですが【鳴門スカイライン】がとってもおすすめ
途中、展望台でこんな景色が見れます

穏やかな内海に浮かんでいるのは、筏
釣り人は、船でここまで渡してもらい、そのうえで釣りをするのです
わたしたちはまだデビュしていないのだけれど近々デビューする予定★
なんでも、友人とおばあちゃん、イワシを500匹釣ったそうです^m^



e0262976_2244044.jpg


訪れる季節や時間帯、天候によって、雰囲気が全然違うので
幾たびに新鮮な気持ちになれます

大好きな大好きな風景のひとつ
[PR]
# by onji_to_kotori | 2012-12-30 22:09 | 鳴門の見所
e0262976_2052582.jpg


鳴門は、塩業が盛んでした
江戸時代には、伯方の塩にならび、全国トップ10にはいっていたそうです
いまでも、地元でしか買えないのかな、鳴門のしおを買うことができます




e0262976_2051022.jpg


製塩施設の残る、住宅が1軒だけ、まだ残されています
それが、福永家住宅



e0262976_2082844.jpg


茅葺きの建物は灌水溜



e0262976_2013144.jpg


立派



e0262976_20134319.jpg


お庭の中には、立派な松の木がありました
幹がとにかく素晴らしいのです

盆栽のように、石も一緒に運ばれて植えられたようです
石は橅養石といわれる、地元のもの
灯籠も素晴らしいでしょ



e0262976_20172217.jpg


200年近く、ここにじっと静かに
いろんなことを見てきたのだと思うとぞくぞく



e0262976_2012038.jpg


船着き場の跡も



e0262976_20124385.jpg


裏にはこんな穏やかな景色が広がっていて
いろいろな想いが巡ってきます



e0262976_20175825.jpg


こんな場所にっていうところに残っているのですが
とても静かでタイムリップした気分になりますよ
[PR]
# by onji_to_kotori | 2012-12-02 20:20 | 鳴門の見所